イタリア,ワイン,

Thumbnail of post image 006

全体にやわらかい蜜の香り。そして、白い香りは白い花とほどよい樽香。しばらく置くと、このワインの魅力として謳われているメロンの香りがしてきます。少しだけペトロール香も。

イタリア,スパークリング,ワイン

Thumbnail of post image 099

酸味がやや強く、フレッシュな果実の味わい。グレープフルーツの柑橘と、わずかに桃のような味わいも。バランスがとても良いワイン。この値段でこの味わいであれば、コスパ的にもとても良いと思います。

イタリア,スパークリング,ワイン,未分類

Thumbnail of post image 100

料理との相性ですが、その味わいの特徴から、やはり和食と合うワインだと確信しました。まず、塩ゆでした枝豆との相性が抜群なのに驚きます。枝豆のふくよかな芋のような香りが増幅されます。

イタリア,ワイン,

Thumbnail of post image 153

香りは、ラクリマらしくもの凄く強いバラの香りがします。いままでのワインでここまでの強烈なバラの香りを嗅いだことはなかったかもしれません。同じくバラの香りで有名な、あのアレアティコも完全に凌駕しています。

イタリア,ワイン,

Thumbnail of post image 179

味わってみると、グレープフルーツなどの柑橘系の酸味が感じられます。ソーヴィニヨン・ブランの印象がやや強めに出ていました。が、一方で、ミネラル感が強く感じられる点、シャブリなどのシャルドネのような雰囲気も

イタリア,ワイン,

Thumbnail of post image 139

料理との相性については、特筆すべきはこの日あわせたかつおのたたきです。

少し前にサンセールとも合わせました。そちらは定番的なペアリングだとは思いますが

イタリア,スパークリング,ワイン

Thumbnail of post image 072

味は、昨夜飲んだフレシネのプロセッコとは全く違い、いかにもプロセッコらしいさわやかな味わいです。白桃、サクランボの味わい。辛口ですが、甘みをやや強く感じます。

イタリア,スパークリング,ワイン

Thumbnail of post image 027

味は、糖度が比較的高く感じられます。干しぶどうに加えてベリーの味わいも。うまみをやや強く感じます。さっぱり館ではなく、どちらかと言えば濃い葡萄の味わいを愉しめます。プロセッコとしては意外な味わい。

イタリア,スパークリング,ワイン,未分類

Thumbnail of post image 052

色はやわらかい桜色です。

泡は非常に細やかな泡が立ち上ります。

香りは最初はほのかです。

イタリア,

Thumbnail of post image 102

色はペールイエロー。

香りはまず樽香が来ます。やがてグレープフルーツやレモンなどの柑橘、そしてパイナップルの香りもします。